千島連盟通信

北方領土活動情報

全国に広がった返還運動

Home > 北方領土問題とは

北方領土返還運動を全道、全国へと広げていった「北方同盟」

終戦後間もなく根室で立ち上がった北方領土返還運動は、推進母体となる組織づくりとともに、全道的な運動へと広がりをみせ、昭和25年(1950)の「千島及び歯舞諸島返還懇請同盟」の発足よりいよいよ本格的なものになりました。

この懇請同盟では、設立された直後に道内5都市で「道民大会」を開催したのを皮切りに、次第に返還運動をローカルから全道的な取組みへ、そして全国的なものへと拡大していきました。

この懇請同盟は、組織強化にあわせて、昭和38年(1963)4月に名称を「北方領土復帰期成同盟」(略称:北方同盟)に変更し、昭和40年4月には外務大臣許可の社団法人となり現在に至っています。

■北方領土返還運動の広がりと「北方同盟」
北方領土返還運動は「北方領土復帰期成同盟」(略称:北方同盟)によって
ローカル運動から全道的、全国的な取り組みへと広げられていきました。
日ソ共同宣言調印5周年記念平和条約締結促進北海道大会
▲日ソ共同宣言調印5周年記念平和条約締結促進北海道大会

同じカテゴリのその他の記事