千島連盟通信

北方領土活動情報

北海道内に広がった返還運動

Home > 北方領土問題とは

根室から全道に広がっていった北方領土返還運動

昭和21年(1946)に根室に設立された「北海道付属返還懇請促進同盟」が札幌に誕生し、函館には「北方漁業開発期成同盟」がつくられました。

当初、これら3つの団体の活動は、地域や関係者の人たちに限られたものでしたが、昭和25年(1950)に入ると、対日講和会議の動きに呼応して領土問題への関心が高まり、この年の11月に3つの団体が統合し、現在の「北方領土復帰期成同盟」(略称:北方同盟)の前身である「千島及び歯舞諸島返還懇請同盟」が誕生しました。

■根室から各地に広がった北方領土返還運動
根室から始まった北方領土返還運動は、昭和25年(1950)には現在の
「北方同盟」の前身である「千島及び歯舞諸島返還懇請同盟」の
設立につながり、広域的な返還運動が展開されるようになりました。
根室半島納沙布岬上空から望む北方領土
▲根室半島納沙布岬上空から望む北方領土

同じカテゴリのその他の記事