千島連盟通信

北方領土活動情報

領土不拡大の原則に反したソ連の行動

Home > 北方領土問題とは

しかし実際、このヤルタ協定の中の千島列島というのは、択捉島、国後島、色丹島、歯舞群島を含んでいませんでした。

またそのような意図もなかったと正式に述べられています。

にもかかわらず、ソ連は第2次世界大戦後、千島列島や北方領土の島々を軍事占領してしまうことになります。

しかし、実はこれは国際法に違反する行為であり、「領土不拡大の原則」に違反するものです。

昭和16年(1941)の「英米共同宣言」や昭和18年(1943)の「カイロ宣言」では、この戦争は日本の侵略をやめさせるためのものであって、自国の領土を拡大する意図はないと述べられています。

ソ連の北方領土占領の行為は、まさにこの領土不拡大の原則にも反しているといえます。

■「ヤルタ協定」は、日本の戦争侵略防止が目的で領土侵攻ではなかった
昭和20年・1945

太平洋戦争中に、アメリカ・イギリス・ソ連の間で結ばれた
「ヤルタ協定」は、日本に対して中国などにも侵略するのを
やめさせることを目的としたもので、他の国際法に照らしても、
ソ連が「日本固有の領土である北方四島に侵攻してよい」
ということではありませんでした。
領土不拡大の原則に反したソ連の行動

同じカテゴリのその他の記事