千島連盟通信

北方領土活動情報

決死の脱出~体験談 その2

Home > 北方領土問題とは

(2)脱出船に向けて発砲

ある島民は決死の覚悟で脱出した時の様子をこう語ります。

何とか逃げ出そうと決意し、真夜中にソ連兵の目を逃れ、船のある海岸にたどりつきました。

当時の漁船はみんな焼玉エンジンで、焼玉を真っ赤になるまで焼かなくてはならず、しかし焼玉を焼くと船外に明かりがもれてしまい、発見されてしまいます。

そこでエンジン室を覆い隠して焼玉を焼きました。

エンジン室は油煙が充満し、あまりの息苦しさに窒息しそうになりましたが、家族を思い、死んではならないと必死に頑張ったそうです。

やっとエンジンがかかると、転がるように外に飛び出し、一気に沖へ突っ走りました。

気づいたソ連兵の発砲音が立て続けに聞こえましたが、弾は当ることなく、脱出は成功したそうです。

焼玉エンジンとは

焼玉エンジンとは?

焼玉エンジンとは、金属の玉を熱して、燃料を爆発させ、それでピストンを動かす動力方法のエンジンです。簡単に作れて材料費も安いことから、昔はよく漁船のエンジンとして利用されていました。

同じカテゴリのその他の記事