千島連盟通信

北方領土活動情報

色丹島

Home > 北方四島とは?

なだらかな丘陵地帯の美しい島

色丹島は、昭和初期までは日本18景のひとつにも数えられたほどで、アイヌ語で「美しい島」と言う意味があります。

島の面積は250k㎡で、根室半島や歯舞群島の地形に比べると起伏に富んでいますが、千島列島の島々にあるような火山はなく、島の東側にある斜古丹岳(413m)が最高峰です。

全島的にはゆるやかな波状の丘陵地帯となっています。

海岸部は、島の西北側には断崖部が連なり、斜古丹湾、又古丹湾、穴澗湾などの良港があります。

東南側の海岸部は変化に富んでいて、大島、小島、鴨島、ゴメ島などの名称で親しまれた小島も多く点在しています。

イネモシリ湾全景 ■色丹島の位置

東経 146°35′~146°56′
北緯 43°41′~ 43°54′







・・・ イネモシリ湾全景

■色丹島の自然
湖・沼 ノトロ沼
河川 斜古丹川、又古丹川、ホロベツ川、ノトロ川、アナマ川など
地質 白亜紀及び前後の火成岩類
山岳 斜古丹岳(413m)、チボイ山(369m)、渤海別山(364m)など

同じカテゴリのその他の記事