後継者育成のアーカイブ

北海道根室支庁の新規事業『北方領土サミット』の第2回討議が、平成22年1月20日に行われました。

DSC_2839.JPG

 前回(平成21年12月21日)は、役割分担を決めた後、今まで行ってきた返還要求運動を参考に、「これからの返還要求運動」について、意見を出し合いました。

 今回は、サポーターとして千島連盟別海町支部の白崎青年部長にも同席していただき、前回出された意見をふまえ、今までの運動の良い点・改善点を挙げながら、新しい運動のアイディアを模索しました。

DSC_2841.JPG DSC_2847.JPG

 今回の討議で、別海町グループの意見の方向性がまとまってきましたので、1月30日の宿泊研修で最終仕上げを行い、1月31日の北方領土サミット本番に臨むことになります。

 北海道根室支庁の新規事業『北方領土サミット』の第1回討議が、平成21年12月21日に行われました。

 前回(平成21年11月11日)の北方領土研修を終え、今回から本格的に話し合うことになります。

DSC_2499.JPG

  前回顔を合わせているとは言え、実際に話す機会は少なかったので、始めはゲーム的要素を取り入れコミュニケーションを図りながら進みます。

DSC_2483.JPG 仲良くなったところで、リーダーや書記など役割分担を決めました。

DSC_2497.JPGQ.「今までで印象に残っている返還要求運動は?」

Q.「10年後の返還要求運動は?」

Q.「自分ならこのような運動を行いたい!」

などの難しい問いかけに対し、一生懸命考え、自分の意見を理由を付けて出し合っていました。

次回の第2回討議で若い世代の新しいアイディアがまとまることを期待しています。

 

 北海道根室支庁の新規事業『北方領土サミット』の北方領土研修が行われました。

 『北方領土サミット』とは、根室管内の中学生を対象として「見つけよう!四島(しま)返還のカギ」をテーマに実施されるものです。

 平成22年1月のサミットまでに1市4町それぞれで、北方領土研修1回、討議2回を行い、各町でまとめた意見を持ち寄ります。

DSC_1728.JPG 平成21年11月11日、別海町での北方領土研修が行われました。

DSC_1729.JPG 別海町からは4名の中学生が参加しています。

 初対面ということもあり、お互い緊張の面持ちです。

 研修では、北方領土についての説明と元島民の方の講話を聞きました。

DSC_1732.JPG

 講話をする千島歯舞諸島居住者連盟別海町支部の臼田支部長

 元島民の方の講話は、当然のことながら実体験のお話ですので、引きこまれるように真剣に聞いていました。