ビザなし交流のアーカイブ

 6月16日(金)~19日(月)に北方四島在住ロシア人訪問団17名が別海町を訪れました。
 町内の視察や住民交流会、ホームビジット等で町民と交流し、互いの生活について理解を深めました。
 
<16日(金)> 歓迎式
 kangeisiki.jpg
 ようこそ別海へ!
 訪問団からは町長へマトリョーシカが贈られました。

 <17日(土)>
○べつかい乳業興社視察
 kousya.jpg
 工場見学、バター/シェイク作り体験を行いました。
 子どもたちが作業のお手伝いを頑張ってくれました。
 
○郷土資料館・加賀家文書館・図書館視察
 siryoukan.jpg
 tosyokan.jpg
 皆さん興味津々で見学していました。
 
○住民交流会(絵手紙体験)・意見交換会
 kouryuukai.jpg
  絵手紙体験では、うちわに花や言葉などを描き、最後に、友好の証として自分の似顔絵と名前を「友情」の1枚に描きました。
 意見交換会では、「余暇の過ごし方」をテーマに、にぎやかに話し合いました。
  
○本覚寺視察
 honkakuji.jpg
 鳴物仏具を鳴らしたり、住職の腹話術を見たり、皆さん楽しんでいました。
 
<18日(日)>
○野付半島視察
 notsuke.jpg
 あいにくの天気でしたが、別海町の自然を感じながら歩き、昼食には「ジャンボホタテバーガー」を味わっていただきました。

 ○ホームビジット
 visit.jpg
 町内4家庭で夕食を含めたさまざまなおもてなしをしていただき、交流を深めました。
 
<19日(月)> お見送り
 ホームビジット受入家庭の方も駆けつけ、お見送りをしました。
 いつも別れは寂しいものです。 
 

 受入や交流に参加していただいた皆様、ありがとうございました。
 なお、ホームビジットの受入に興味のある方や交流してみたい方は、お気軽に総合政策課までお問い合わせください。

  6月17日~20日に北方四島在住ロシア人訪問団16名が別海町を訪れ、町内の視察やホームビジット、意見交換会等で町民と交流し、互いの生活について理解を深め合いました。

 

17日(金)

 歓迎式

 DSCN0074.JPG

 副町長と訪問団長のあいさつ後に握手。ようこそいらっしゃいました!

 

18日(土)

 べつかい乳業興社視察

  DSCN0117.JPGのサムネール画像

 工場見学やバター、シェイク作り体験を行いました。

 別海牛乳のおかわりをする場面もあり、別海の乳製品を堪能してもらいました。

 

  郷土資料館・加賀家文書館・図書館視察

  DSCN0154.JPG

 剥製等を真剣に見ていました。

  DSCN0186.JPG

 図書館では子供達に絵本が大人気でした!

 

 絵手紙体験・意見交換会

 01.jpg

 絵手紙体験では、うちわに言葉や花等を描きました。満足のいく出来だったようです。

  02.jpg

 意見交換会では互いの住んでいる地域の「医療・救急・消防体制について」をテーマとし、話し合いを行いました。和気あいあい、終始和やかな雰囲気で行われました。

 

 本覚寺視察

  DSCN0305.JPG

 住職の腹話術等、訪問団員の皆さんがとても楽しんでいました。

 

19日(日)

 北方展望塔視察

  DSCN0318.JPG

 今年は天候が優れず、残念ながら国後島は見えませんでした。

  

 野付半島ネイチャーセンター

  DSCN0352.JPG   

  DSCN0357.JPG

 野付半島の動植物を楽しんだ後、別海町のご当地グルメ「ジャンボホタテバーガー」を食べました。

 

 ホームビジット

  IMG_2656.JPG

 各家庭で訪問団員を受け入れていただき夕食を含めた交流を行いました。

 訪問団員からは「もっと一緒に居たかった」と声が上がるほど仲を深めていました。

 

 20日(月)

  お見送り

  DSC_0780.JPG

  ホームビジット受入家庭の方も駆けつけ笑顔でお見送り。いつも別れは寂しいものです。

 

 

 受入家庭や交流に参加していただいた皆様、ありがとうございました。

 なお、ホームビジットの受入に興味のある方や交流をしてみたい方はお気軽にお問合せください。

 6月19日~22日に北方四島在住ロシア人訪問団17名が別海町を訪れ、町内の視察やホームビジット、意見交換会等で町民と交流し、互いの生活について理解を深め合いました。

 

 

べつかい乳業興社 

DSC_2719.JPG

 

郷土資料館

DSC_2790.JPG

 

住民交流会

DSC_2829.JPG

 

本覚寺

DSC_2889.JPG 

 

ネイチャーセンター

IMG_0505.JPG

 

ホームビジット

P1130557.JPG

 

お見送り

DSC_2920.JPG

 

受入家庭や交流に参加していただいた皆様、ありがとうございました。なお、ホームビジットの受入等に興味のある方はお気軽にお問合せください。

 領土問題解決までの間、日本国民と四島在住のロシア人との間の相互理解を深め、領土問題の解決に役立てようと始まった北方四島交流事業は、今年で22年目を迎えました。

 6月14日(金)から17日(月)の間に、北方四島在住のロシア人17名が別海町を訪問しました。

 

 滞在した4日間、様々なプログラムを体験して日本の文化を学んだり、町民と交流を行い相互理解を深めました。

 

 15日(土)の午前中は地域住民の方々と一緒にスポーツ交流。

 フロアカーリング体験を行いました。

 sports.JPG 

 初めて体験する人が大半でしたが、ちょっと練習するとかなり上達し、白熱した試合を展開していました。

 

sports2.JPG

 交流も深まり、最後には全員で記念撮影。

 

 午後からは、郷土資料館・加賀家文書館・図書館の視察。 

tosho.JPG 

 気になる本があったのでしょうか?

 

 その後、地域住民と一緒に「勾玉作り」と「意見交換会」。

magatama.JPG

 午前のフロアカーリングから交流しているので、すっかり仲良くなった方々も...

 

 お寺の視察も行いました。

 tera.JPG

 こちらのお寺はもう何度も視察を受入れていただいており、住職も素晴らしいロシア語の挨拶で団員を迎えてくれます。

 

 

 

 とても良い天気に恵まれた15日(日)。

 この日は、尾岱沼方面の視察に向かいました。 

temboutou.JPG

 別海北方展望塔にて。

 熱心な若い女の子の団員は、施設内の展示物などに対する質問をたくさんしてくれました。

 

notsuke.JPG

 野付半島ではネイチャーガイドの方に説明してもらいながら、別海町の花「センダイハギ」など綺麗な花を眺めながらトドワラまで散策。 

 

 この日の夕方から、町内のご家庭へのホームビジット。

 ほとんどの団員がこのプログラムを一番楽しみにしていたようです。

visit.JPG  

 酪農家さんのお宅では、戸惑いながら子牛との触れ合い。

 

visit2.JPG  

 こちらのお宅では、お庭でのバーベキューでわいわい盛り上がりました。 

 

 

visit3.jpg

 同世代の女の子同士弾む会話、すすむお食事。

 

visit4.JPG 

  着物を着て茶道体験。日本人でもあまり体験できない貴重な体験。

 

 今回のおもてなしにとても満足した団員たちは、

 「もし四島を訪問することがあったら、必ずうちに来てね!」と、それぞれの受入家庭の方々と再会を誓い合いました。

 

 最終日には、受入家庭の方々もお見送りに来てくれました。

 別れを惜しみながらも、最後は笑顔で見送り。

 

 

 ホームビジット受入家庭をはじめとする受入にご協力いただいた皆様、どうもありがとうございました。

 また、次の受入は来年になってしまいますが、やったことは無いけれどホームビジットに興味のある方等いらっしゃいましたらお気軽にお問い合わせください!

 

 

 

 

 別海町での青少年の受入は7月16日(祝・月)から18日(水)の3日間行われました。

 今年も9名の四島在住ロシア人が別海町を訪問し、別海町民と交流しました。

 

【第1日目 7月16日(祝・月)】

 1日目は表敬訪問でした。別海町長は公務により出張中だったため、副町長が町を代表して歓迎のあいさつを述べました。

DSC_4721.JPG

 牛乳を飲みながらの表敬訪問は別海町らしさが出ています。

 

DSC_4742.JPG

 別海町の地図を背景に記念撮影を行いました。

 

【第2日目 7月17日(火)】

 2日目は別海町立上風連中学校を訪問し、上風連中の生徒たちと交流しました。午後からは消防署・べつかい乳業興社を視察しました。

IMGP1391.JPG

 校長先生・生徒会長からの挨拶後、日露語講座(交流で使う簡単な単語)を通訳を交えて学びました。

 

DCIM0221.JPG

 ドッヂビーというスポーツで交流しました。最初にディスクを投げる練習をして、試合を行いました。

 

IMGP1456.JPG

 ドッヂビーの後は記念品として日本語とロシア語で"友好"と書かれているバッヂをプレゼントしました。

 

IMGP1464.JPG

 「バッヂをもらったお礼に」と即興で島の生徒みんなで創作ダンスを披露してくれました。

 

IMGP1467.JPG

 最後にみんなで記念撮影をしてお別れしました。

 

DSC_4768.JPG

 昼食後、消防署を視察しました。今回は放水体験を行いました。

 

DSC_4781.JPG

 今回も救助工作車を出していただきました。対応してくれた消防のみなさん、ありがとうございました。

 

  DSC_4787.JPG 役場の前で神輿が行われていたので寄り道。青少年たちは獅子舞に興味津々です。この後、実際に獅子舞を体験していました。 

 

DSC_4799.JPG  べつかい乳業興社を視察しました。全国にあるパッケージの多さに驚いていました。

 

DSC_4811.JPG  

 普段見れない工場の中に大興奮。通訳の方もたくさん質問していました。

 

DSC_4817.JPG

 工場を視察した後は、バターづくり体験をしました。みんな必死に振っています。

 

DSC_4826.JPG

 うまくできたようです。中には無塩でつくっていた子もいました。

 この後、市街地散策を行いましたが、暑さと連日のスケジュールにより疲れたピークに達したようだったので、散策時間を短縮しホテルへ戻りました。

 

【第3日目 7月18日(水)】

 あっという間にお別れ。 DSC_4838.JPG

 青年からお守りをいただきました。"家内(課内?)安全"のお守りだそうです。

 

DSC_4843.JPG

 青少年たちは根室へ向かい、その日のうちに乗船したそうです。

 平成4年から始まったビザなし交流は今年で21年目を迎えます。

 今年も6月15日(金)から18日(月)までの4日間、北方四島在住ロシア人17名を別海町で受入しました。

 

【第1日目 6月15日(金)】

  1日目は別海町役場で歓迎式を行いました。

DSC_2896.JPG

DSC_2927.JPG

DSC_2931.JPG

 町長、団長それぞれの挨拶後、お互いに記念品の贈呈しました。

 

 

【第2日目 6月16日(土)】

 2日目は、午前中にパークゴルフ交流を行い、昼食後は子どもたちはプールへ、大人たちは役場で勾玉づくりと意見交換会を行いました。

DSC_3040.JPG

 最初はうまく打てなかった子どもたちですが、みるみるうちに上達していきました。

DSC_3123.JPG

 今回はサンキューの会の方々とホームビジット先のご家族の方々にご協力いただきました。ありがとうございました。

 

DSC_3166.JPG

 子どもたちは楽しそうに遊んでいました。

 

DSC_3238.JPG

 途中から町内の子どもたちと遊んでいました。

 

CIMG5824.JPG 子どもたちがプールへ行っている間、大人たちは勾玉づくりと意見交換会です。

 

IMGP0531.JPG 今回の意見交換会のテーマは「別海町と島の医療・救急・消防体制について」でした。昨年の東日本大震災から防災に対する意識が高まっているようで、活発に意見交換を行っていました。 

 

DSC_3316.JPG

 意見交換後、子どもたちと合流し消防署の視察をしました。庁舎を視察後、救急車・消防車を視察し、救助工作車でパイプの切断体験をしました。

 

DSC_3338.JPG

 女の子にはちょっと重たかったようですが、見事パイプを切断できました。

 

DSC_3352.JPG

 最後に救助工作車の前で記念撮影しました。

 

DSC_3362.JPG

 お寺も視察してきました。みなさん興味津々です。

 

DSC_3411.JPG

 お寺の前でも記念撮影。優しい住職さんのご協力により、和やかな雰囲気で視察できました。

 

【3日目 6月17日(日)】

 3日目は北方展望塔視察、野付半島・別海市街地散策、ホームビジットを行いました。

DSC00538.JPG

 ソフトクリームを片手に国後島を望む。うまく見えたかな。

 

DSC00612.JPG

 小雨が降る中、野付半島の先まで散策しました。

 

DSC00653.JPG

 昼食後は、別海市街地散策をしました。皆さん買い物かごをいっぱいにしてお買いものしてました。この時は通訳さんも大忙しです。

 

DSC00690.JPG

 夕方からホームビジットを行いました。団長さんのグループは別海町の酪農を視察したいとの要望があり、ある農家の飼育様子を視察させていただきました。

 

DSC_3476.JPG

 通訳さんも一人一家庭につくかたちとなり、会話もスムースにいき、くつろぎながら会話することができました。

 

IMGP0658.JPG

 あるご家庭ではガレージでバーベキュー。準備から交流しました。

 

IMGP0693.JPG

 話したい単語をそれぞれ探し中。

 

DSC00699.JPG   あるご家庭では茶道を披露していました。和服もきまっています。

 

DSC02983.JPG

 あるご家庭での乾杯風景。

 

 

DSC03027.JPG ピアノや茶道で交流し、最後に記念撮影しました。 

 

【第4日目 6月18日(月)】

 4日目は別海町を出発し、根室で凧作りをしたそうです。

DSC_3512.JPG

DSC_3527.JPG

 出発間際、昨日受け入れてくれた方々が駆け付けてくれました。

 

 今回も終始和やかな雰囲気のまま無事終了しました。毎年のように受け入れていただいているご家庭や団体など、町民の方々のご協力にただただ感謝です。ありがとうございました。

 もちろん、ビザなし交流に興味のある方、受け入れてみたい・交流してみたい方、大歓迎です。

 今年のファミリー受入事業は終了してしまいましたが、来年以降、受け入れ等してみたい方はぜひご連絡ください。

 平成4年から始まったビザなし交流は、今年で20年目を迎え、今年度2回目となる受入れ事業を実施しました。

 青少年の受入れは7月18日(月)から20日(水)までの3日間の日程で受入れを行いました。

 今年は9名の北方四島に在住しているロシア人(青少年)が別海町を訪問し、町民と交流を図りました。

 

●7月18日(月)

 1日目は、別海町役場で町長に表敬訪問を行いました。

 

DSC_2198.JPG
水沼町長から歓迎の挨拶
 
DSC_2205.JPG
お互いに記念品を贈呈しました
 
DSC_2219.JPG町長と記念写真を撮る訪問団の皆さん(9名) 

 

●7月19日(火)

 2日目は、上西春別中学校を訪問し、交流を行いました。

 

DSC_2224.JPG

校長先生から歓迎の挨拶

DSC_2246.JPG

お互いに自己紹介してから交流スタート

生徒の皆さんはロシア語で自分の名札を作ってくれていました

DSC_2260.JPG

 レクリエーション1:手つなぎ鬼

積極的にロシア人・日本人が手をつなぐように楽しんでいました

DSC_2272.JPG

 レクリエーション2:だるまさんがころんだ

DSC_2291.JPG

 レクリエーション3:柔らかいボールを2個使ったドッジボール

DSC_2309.JPG

 美術交流:扇子づくり体験 

DSC_2323.JPG

漢字に興味がある方が多く、優しく教えてあげていました

DSC_2360.JPG

 正面玄関前で記念撮影

DSC_2361.JPG

 短い交流でしたが、中身の濃い交流ができたと思います

DSC_2370.JPG

DSC_2377.JPG

 最後まで別れを惜しむ訪問団と中学生

 

 

午後からは、別海消防署の視察を行いました。

 

DSC_2419.JPG

 救急車の説明を受ける訪問団員

DSC_2428.JPG

 いつも訪問団員に大人気の放水体験をさせてもらいました

 

時間が空いたので、役場庁舎の見学も行いました。

DSC_2461.JPG

 役場庁舎前で記念撮影

 

べつかい乳業興社で工場見学とバター作り体験をさせてもらいました。

DSC_2464.JPG

 工場の説明を受ける訪問団員

DSC_2485.JPG

  製造室の説明

DSC_2491.JPG

 バター作り体験の説明

DSC_2499_2.JPG

 バターが固まるまで振り続けます

DSC_2515.JPG

 10分程度で上手に固まりました

DSC_2522.JPG作ったバターは持ち帰り、夕食で試食しました 

 

 

●7月20日(水)

 3日目は、ホテルを出発して根室市に帰る日です。

 あっという間の3日間でしたが、町内の子ども達とも交流ができ、有意義なものとなったのではないでしょうか。
 

DSC_2542.JPG 宿泊先の郊楽苑前で記念撮影をしてお別れとなりました

 平成4年から始まったビザなし交流は、今年で20年目を迎えます。

 今年も6月17日(金)から20日(月)までの4日間、北方四島在住ロシア人14名を別海町で受入しました。

 

 

【第1日目 6月17日(金)】

 

 1日目は、別海町役場で歓迎式を行いました。


DSC_3924.JPG 

DSC_3937.JPG

 訪問団長からは、東日本大震災を受けて大変な時にもかかわらず、我々を受け入れしていただき誠にありがとうございますとお礼を述べられました。

 お互いに記念品を交換し、固い握手を交わしました。

 

【第2日目 6月18日(土)】

 2日目の最初のスケジュールは、パークゴルフを通してホームビジット受入家庭の皆さんとスポーツ交流を行いました。

 

 

 

DSC_7317.JPG

DSC_7355.JPG DSC_4016.JPG

 訪問団の皆さんにとっては初めてのパークゴルフでしたが、ホームビジット受入家庭の皆さんが優しく教えてあげて、和気あいあいと楽しんでいました。

 

 

 午後からは、会場を役場会議室に移して、住民交流会を行いました。

 こちらもホームビジット受入家庭の皆さんに参加してもらい、交流しました。

 

 前半は日本古来から伝わる勾玉づくり体験を行いました。

 1時間ほどかけ、せっせと削っていきます。

DSC_4055.JPG こんなにきれいに削れました!

 

DSC_4070.JPG

 

 後半は、意見交換会を行いました。

 テーマは「自然災害に対する備えについて」です。

 今年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震を受けて、北方四島、別海町、日本での状況や、防災体制について話し合いました。

DSC_4075.JPG

DSC_4090.JPG

 四島にも津波が押し寄せたことや、お互いの避難場所、避難訓練などについて熱心に意見交換していました。

 

 住民交流会の後は、別海消防署・本覚寺の視察を行いました。

DSC_4150.JPG

 

 

【第3日目 6月19日(日)】

 

 3日目は、別海北方展望塔、野付半島の視察、市街地散策、ホームビジットというスケジュールです。

 

DSC_0301.JPG

 まずは野付半島ネイチャーセンター内で簡単にレクチャーを受けます。

DSC_7635.JPG  

 散策路、木道を通ってトドワラの近くまで説明を聞きながら散策しました。

 

DSC_7623.JPG

 途中見かけた、花馬車の大きな馬と記念撮影

DSC_0359.JPG

 そして、野付半島では珍しいエゾシカの小鹿にも出会えました。

 

 野付半島から別海市街に戻り、市街地散策を行った後、前日から仲良くなったホームビジット受入家庭の訪問を行いました。

 

DSC_0374.JPG

DSC_4202.JPG  一緒にケーキや夕食を作ってみました。

DSC_0589.JPG

DSC_0407.JPG

 中にはスイカ割りにも挑戦させてくれる家庭もありました。

DSC_0444.JPG

 今回の交流を通して、また多くの友情が築かれたと思います。

 4日目の見送りにもたくさんの受入家庭の皆さんが駆け付けてくれ、再会を誓い、別れを惜しんでおられました。

 平成4年から始まったビザなし交流は、19年目を迎え、今年度2回目となる受入れ事業を実施しました。

 青少年の受入れは7月19日(月)から21日(水)までの3日間の日程で受入れを行いました。

 今年は9名の北方四島に在住しているロシア人(青少年)が別海町を訪問し、町民と交流を図りました。

 

●7月19日(月)

1日目は、別海町役場で町長に表敬訪問を行いました。

DSC_7788.JPG
町長と記念写真を撮る訪問団の皆さん(9名) 

 

●7月20日(火)

 2日目は、別海中学校を訪問し、交流を行いました。

DSC_8747.JPG

大いに盛り上がった伝言ジェスチャーゲーム 

 

DSC_8791.JPGその後、グランドで手つなぎ鬼や、人間知恵の輪を行い、手と手を取り合って交流しました。

 

DSC_8827.JPG

全校生徒と記念撮影を行い、見送っていただきました。

 

 

昼食の後、別海消防署の視察を行いました。

DSC_8867.JPG
毎年人気の消防服を着ての放水体験をさせてもらいました。

 

DSC_8868.JPG

 

  海消防署の次は㈱べつかい乳業興社で工場見学をさせていただきました。

町の特産品の生産を見学した後、バター作り体験を行いました。

DSC_8886.JPG

中身が固まるまでひたすらシェイクし続けます。

 

DSC_8892.JPG

 シェイクすること10分間。

 固まったバターに塩で味付けし、完成しました。

 出来上がったバターは、宿泊先の夕食で味わったそうです。

DSC_8902.JPG

 バター作りで熱くなった後は、別海町産の牛乳で作ったアイスクリームを味わってもらいました。とてもおいしいと大変好評でした。

 

●7月21日(水)

 3日目は、ホテルを出発して根室市に帰る日です。

 あっという間の3日間でしたが、町内の子ども達とも交流ができ、有意義なものとなったのではないでしょうか。

DSC_8918.JPG 宿泊先の郊楽苑前で記念撮影をしてお別れとなりました

 平成4年から始まったビザなし交流は、19年目を迎え、今年も6月18日(金)から21日(月)までの4日間、別海町で受入れを行いました。

 今年は17名の北方四島に在住しているロシア人(ファミリー)が別海町を訪問し、町民と交流を図りました。

 

 

●6月18日(金)

1日目は、別海町役場で歓迎式を行いました。

DSC_6529.JPG

副町長の歓迎の挨拶

 

DSC_6532.JPG

訪問団代表の挨拶

 

DSC_6548.JPG

訪問団の皆さん(17名)

 

 

●6月19日(土)

 2日目は、ホームビジット受入家庭の皆様とパークゴルフ・住民交流会を通して交流しました。

DSC_6581.JPG

DSC_6611.JPG

パークゴルフを楽しんだ後、皆で記念撮影

 

 

 昼食の後、子供たちはプールで水泳体験を行い、大人の方は役場会議室で住民交流会を行いました。

 住民交流会では、日本に古代から伝わる勾玉(まがたま)の製作体験を行い、その後、意見交換会を行いました。

DSC_2728.JPG

四角い石(滑石)を思い思いの形に削り出します。

 

DSC_2732.JPG

製作には1時間程かかりましたが、楽しそうに作っていました。

 

 

住民交流会の後は、別海消防署の視察を行いました。

 

DSC_6633.JPG

DSC_6630.JPG

DSC_6643.JPG

DSC_6649.JPG

別海消防署の次は寺院の視察をさせていただきました。

 

DSC_6654.JPG DSC_6688.JPG

寺院の説明の他に、腹話術でも楽しませていただきました。

 

 

●6月20日(日)

 3日目は、尾岱沼・野付半島方面の視察を行いました。

 最初は、別海北方展望塔の視察です。

 

DSC_6694.JPG

ビザなし交流や北方領土問題のビデオを興味深く見ています。

 

DSC_6695.JPG

テレビ望遠鏡で国後島や野付半島・野付湾を眺めています。

 

 

 その後、野付半島ネイチャーセンターに移動し、野付半島の自然をネイチャーガイドさんにガイドしていただきました。

 

DSC_6711.JPG

DSC_6746.JPG

 

 

 

DSC_2835.JPG

 

DSC_6757.JPG

 センダイハギやハマナス、ヒオウギアヤメ、クロユリ、エゾカンゾウなどが綺麗に咲き乱れる中をトドワラを目指して歩きました。

 

DSC_6772.JPG

DSC_6774.JPG

熱心に野付半島の自然について説明を聞く訪問団長

DSC_6766.JPG

 昼食は野付半島ネイチャーセンターの食堂で新・ご当地グルメ「別海ジャンボホタテバーガー&ジャンボ牛乳」を味わってもらいました。

 

DSC_6799.JPG

DSC_6788.JPG

ジャンボホタテバーガーを大きなお口でガブリ!!

 

 

 野付半島から別海市街に戻り市街地散策をした後、町内の5つの家庭へホームビジットを行いました。

 それぞれのご家庭皆さんが精一杯のおもてなしをしてくれました。

 

DSC00464.JPG DSC_6838.JPG DSC_6815.JPG DSC_6830.JPG

DSC_2880.JPG

 それぞれの家庭で工夫を凝らしたおもてなしをしていただき、お別れするのが本当に寂しいくらいに仲良くなることができました。

 

●6月21(月)

 4日目は、ホテルを出発して根室市に帰る日で、ホームビジット受入家庭の皆さん、ホテルの皆さん、町の担当者で見送りをしてお別れとなりました。DSC_6871.JPG