資料編のアーカイブ

   北方領土の日とは・・・

 

我が国固有の領土である歯舞群島、色丹島、国後島及び択捉島からなる北方四島の早期返還の実現は、国民の長年にわたる悲願です。

 

この北方領土問題を解決するため、これまで日露両国間では精力的な外交交渉が続けられておりますが、戦後60年以上が経過した現在もなお、具体的進展がありません。

 

こうした国の外交交渉を積極的に後押しし、さらなる国民世論の結集を図るため、「日魯通好条約」調印の日(1855年2月7日)である、毎年2月7日を「北方領土の日」とすることが、昭和56年1月6日の閣議において定められました。

 

毎年、この日を中心として全国的に集会、講演会、研修会等の行事が行われ、北方領土問題に対する国民の関心と理解を更に深め、全国的な北方領土返還要求運動が展開されています。

 

ここ北方領土返還要求原点の地、根室管内でも「根室管内住民大会」や各イベントでの署名・啓発活動を実施しております。

jyuumintaikai2008.JPG