お知らせのアーカイブ

  北海道根室振興局では、根室管内に残されている北方領土にゆかりのある建築物やエピソード等を有形・無形にかかわらず北方領土遺産として掘り起こし、「忘れてはいけない物語」として後世に伝えることとして「北方領土遺産発掘・継承事業」を実施しています。
 今回、展示を行う「千島及離島ソ連軍進駐状況綴」は、ソ連軍侵攻に伴う終戦当時の根室支庁と北方四島の役場等の緊迫したやり取りなどが記載された公文書です。
 この資料は、存在があまり知られておらず、また、地元根室管内で目にする機会が少ないことから、根室管内各町の郷土資料館や千島歯舞諸島居住者連盟各支部等との共催により、各町で展示会を実施することとしました。
 当時の状況を伺い知る貴重な機会ですので、ぜひご来場ください。

 

○日程及び展示場所

【別海町】

期間 : 平成27年11月27日(金)~12月10日(木) 

場所 : 別海町図書館

お問合せ先 : 別海町郷土資料館 電話0153-75-0802

 

【標津町】

期間 : 平成27年12月11日(金)~12月22日(火)

場所 : 標津町生涯学習センター「あすぱる」 

お問合せ先 : 標津町ポー川史跡自然公園 電話0153-82-3674

 

【中標津町】

期間 : 平成28年1月8日(金)~1月21日(木)

場所 : 中標津町総合文化会館「しるべっと」

お問合せ先 : 中標津町郷土館 電話0153-73-3111(内275)

 

【羅臼町】

期間 : 平成28年2月5日(金)~2月18日(木)

場所 : 羅臼町公民館

お問合せ先 : 羅臼町郷土資料館 電話0153-88-3850

 

※根室市については、平成27年8月28日~9月30日まで道立北方四島交流センター(ニホロ)で展示会を実施したため、今回は実施しません。

 

(お問合わせ先)

 北海道根室振興局地域政策部北方領土対策課

 電話:0153-23-6827

 

tenji.PNG

 

 

 

 

 

 

 我が国固有の領土である国後島、択捉島、色丹島及び歯舞群島からなる北方四島は、1945年に当時のソ連によって不当に占拠されてから、この8月で70年目を迎えますが、隣接地域の住民や道民はもとより、国民の悲願である領土返還は未だ叶っていません。

 旧ソ連軍が四島への占拠を開始した8月は「北方領土返還要求運動強調月間」とされ、より積極的な北方領土問題の啓発活動を展開しています。

 別海町では、役場庁舎壁面の電光掲示板において強調月間の広報を行うほか、北方領土返還要求署名コーナーを設置いたしますので、来庁時にはこの署名にぜひご協力ください。

 なお、皆様からいただいた署名は、衆議院及び参議院に国会法第79条の規定による請願の提出を行い、北方領土返還に向けた活発な外交交渉の展開を強く要望していきます。

署名コーナーの設置場所

・1階ロビー(総合案内横)

・2階総合政策課カウンター

・西春別支所

・尾岱沼支所

設置期間

平成27年8月3日(月)~8月31日(月)

署名にあたってのお願い

・署名簿には、住所・氏名を記入してください。

・署名の意思がある方であれば、年齢は制限しておりません。

 平成26年8月20日(水)、宗教法人念法眞教の青少年一行(40名)が、研修旅行における北方領土視察として、別海北方展望塔を訪れました。

 

 この研修は今年で30回目となり、毎回、「北方領土返還要求運動支援」として寄付金をいただいております。

   

 副町長からは、「地元に帰られましたら、ロシアに面した町で暮らし、北方領土が早く帰ってきてほしいと願っている人たちがいることを、お伝えいただけたらありがたく思います。」と挨拶がありました。

 

 残念ながら、曇り空で北方領土を望むことはできませんでしたが、 一行は熱心に研修に取り組んでいました。

 

260820-1.JPG   

 

  260820-2.JPG

 我が国固有の領土である国後島、択捉島、色丹島及び歯舞群島からなる北方四島は、1945年に当時のソ連によって不当に占拠されてから、この8月で69年目を迎えますが、隣接地域の住民や道民はもとより、国民の悲願である領土返還は未だ叶っていません。

 

 旧ソ連軍が四島への占拠を開始した8月は「北方領土返還要求運動強調月間」とされ、より積極的な北方領土問題の啓発活動を展開しています。

 

 別海町では、役場庁舎壁面の電光掲示板において強調月間の広報を行うほか、北方領土返還要求署名コーナーを設置いたしますので、来庁時にはこの署名にぜひご協力ください。

 なお、皆様からいただいた署名は、衆議院及び参議院に国会法第79条の規定による請願の提出を行い、北方領土返還に向けた活発な外交交渉の展開を強く要望していきます。

 

署名コーナーの設置場所

・1階ロビー(総合案内横)

・2階総合政策課カウンター

・西春別支所

・尾岱沼支所

 

設置期間

平成26年8月1日(金)~8月29日(金)

 

署名にあたってのお願い

・署名簿には、住所・氏名を記入してください。

・署名の意思がある方であれば、年齢は制限しておりません。

     syomei.png

 8月の「北方領土返還要求啓発強調月間」に併せて、千島歯舞居住者連盟別海町支部によりパネル展が実施されます。

 

 と き:平成25年8月20日(火) 9:00~16:00

 ところ:別海町中央公民館ロビー

 主 催:千島歯舞居住者連盟別海町支部

 後 援:別海町

 

 このパネル展では、戦前の写真や、日本人の居住地図や写真収録集、元島民の手記等の展示のほかに、記録DVDの放映も行われます。

 

 1日間のみの開催ですので、8/20(火)はぜひ、別海町中央公民館へ足を運んでみてください!

 国後島、択捉島、色丹島及び歯舞群島から成る北方四島は、1945年に旧ソ連軍に不当に占拠されてからこの8月で68年目を迎えますが、隣接地域の住民や道民はもとより、国民の悲願である領土返還は未だ叶っていません。

 

 前述のとおり、旧ソ連軍が四島への占拠を開始した8月は「北方領土返還要求運動強調月間」とされ、いっそう強力な北方領土問題の啓発活動を展開しています。

 

 別海町では、役場庁舎壁面の電光掲示板において強調月間の広報を行うほか、北方領土返還要求署名台を設置いたしますので、来庁時にはこの署名にぜひご協力ください!

 なお、皆様からいただいた署名は、衆議院及び参議院に国会法第79条の規定による請願の提出を行い、北方領土返還に向けた活発な外交交渉の展開を強く要望していきます。

 

※署名台の設置場所※

・1階総合案内

・2階総合政策課カウンター

 

※設置期間※

平成25年8月1日(木)~8月30日(金)

 

※署名にあたってのお願い※

・署名簿には、住所・氏名を記入してください。

・署名の意思がある方であれば、年齢は制限しておりません。

  

  syomei.JPG

 内閣府では、北方領土返還に向けた多くの方の声をより積極的に発信していくため、 伝えたい想い~北方領土の返還に向けて」と題して、 「メッセージフリップ」を活用した企画を展開しています。

g0004.gif この企画は、 "北方領土返還に向けた想い"を書いたメッセージフリップを掲げ、スナップ写真を撮影して応募していただき、国民皆様の 「伝えたい想い」を発信するものです。
 応募していただいた写真は、内閣府北方対策本部のホームページ・パネル展等で紹介されます。

 応募方法等の詳細については、下のバナーをクリックして、内閣府北方対策本部のホームページをご覧ください。

messageflip.jpg



 報道されているとおり、企業活動や観光を目的として、ロシアの出入域手続きに従って北方領土へ入域していた事実が確認されました。

  ご承知のように、北方四島への入域については、平成元年9月19日の閣議了解により、北方領土問題の解決までの間、入域を行わないよう要請されているところです。

  現在、北方四島への入域については、日露両国政府により設定された、ビザなし交流や北方墓参、自由訪問及び緊急人道支援の特別の枠組みによるものに限定されております。これら以外のロシア当局の査証の発給を受けての入域等は、北方四島がロシアの領土であることを認めることにつながる可能性があり、返還を求める国民の総意や日本政府の政策と相容れないものです。

  以上のような状況にご理解をいただき、ビザなし交流など4つの特別の枠組みによるもの以外による、北方四島への入域は自粛されるようお願いします。

DSC_8688.JPG

別海北方展望塔は、北方領土問題啓発施設として独立行政法人北方領土問題対策協会が設置し、別海町が管理を行っておりますが、この度、改修工事のため下記のとおり臨時閉館いたしますので、お知らせいたします。

 

 

1 臨時閉館の期間(予定)

平成22年8月1日(日)~平成22年11月30日(火)

 

2 工事完了後の開館日(予定)

   平成22年12月1日(水)

 

3 施設名

   別海北方展望塔

 

4 所在地

   北海道野付郡別海町尾岱沼5番地27(白鳥台)

 北海道北方領土対策本部では、第9回(平成22年度)「北方領土の日」ポスターコンテストの作品を募集しています。

poster.jpg 最優秀作品は、平成22年度の「2月7日北方領土の日」啓発ポスターや啓発資材のデザインとして採用されます。

応募資格は、高校生以上でプロ・アマは問いませんので、ご応募してみてはいかがでしょうか。
応募締切は、平成22年9月30日(木) 当日消印有効となっています。

お問い合わせ先・提出先等の詳細については、 北海道北方領土対策本部のHPをご覧ください。