平成29年度北方四島交流事業(ファミリー受入)を実施しました!

[ ]
 6月16日(金)~19日(月)に北方四島在住ロシア人訪問団17名が別海町を訪れました。
 町内の視察や住民交流会、ホームビジット等で町民と交流し、互いの生活について理解を深めました。
 
<16日(金)> 歓迎式
 kangeisiki.jpg
 ようこそ別海へ!
 訪問団からは町長へマトリョーシカが贈られました。

 <17日(土)>
○べつかい乳業興社視察
 kousya.jpg
 工場見学、バター/シェイク作り体験を行いました。
 子どもたちが作業のお手伝いを頑張ってくれました。
 
○郷土資料館・加賀家文書館・図書館視察
 siryoukan.jpg
 tosyokan.jpg
 皆さん興味津々で見学していました。
 
○住民交流会(絵手紙体験)・意見交換会
 kouryuukai.jpg
  絵手紙体験では、うちわに花や言葉などを描き、最後に、友好の証として自分の似顔絵と名前を「友情」の1枚に描きました。
 意見交換会では、「余暇の過ごし方」をテーマに、にぎやかに話し合いました。
  
○本覚寺視察
 honkakuji.jpg
 鳴物仏具を鳴らしたり、住職の腹話術を見たり、皆さん楽しんでいました。
 
<18日(日)>
○野付半島視察
 notsuke.jpg
 あいにくの天気でしたが、別海町の自然を感じながら歩き、昼食には「ジャンボホタテバーガー」を味わっていただきました。

 ○ホームビジット
 visit.jpg
 町内4家庭で夕食を含めたさまざまなおもてなしをしていただき、交流を深めました。
 
<19日(月)> お見送り
 ホームビジット受入家庭の方も駆けつけ、お見送りをしました。
 いつも別れは寂しいものです。 
 

 受入や交流に参加していただいた皆様、ありがとうございました。
 なお、ホームビジットの受入に興味のある方や交流してみたい方は、お気軽に総合政策課までお問い合わせください。