ビザなし交流青少年受入事業を実施しました。

[ ]

 平成4年から始まったビザなし交流は、19年目を迎え、今年度2回目となる受入れ事業を実施しました。

 青少年の受入れは7月19日(月)から21日(水)までの3日間の日程で受入れを行いました。

 今年は9名の北方四島に在住しているロシア人(青少年)が別海町を訪問し、町民と交流を図りました。

 

●7月19日(月)

1日目は、別海町役場で町長に表敬訪問を行いました。

DSC_7788.JPG
町長と記念写真を撮る訪問団の皆さん(9名) 

 

●7月20日(火)

 2日目は、別海中学校を訪問し、交流を行いました。

DSC_8747.JPG

大いに盛り上がった伝言ジェスチャーゲーム 

 

DSC_8791.JPGその後、グランドで手つなぎ鬼や、人間知恵の輪を行い、手と手を取り合って交流しました。

 

DSC_8827.JPG

全校生徒と記念撮影を行い、見送っていただきました。

 

 

昼食の後、別海消防署の視察を行いました。

DSC_8867.JPG
毎年人気の消防服を着ての放水体験をさせてもらいました。

 

DSC_8868.JPG

 

  海消防署の次は㈱べつかい乳業興社で工場見学をさせていただきました。

町の特産品の生産を見学した後、バター作り体験を行いました。

DSC_8886.JPG

中身が固まるまでひたすらシェイクし続けます。

 

DSC_8892.JPG

 シェイクすること10分間。

 固まったバターに塩で味付けし、完成しました。

 出来上がったバターは、宿泊先の夕食で味わったそうです。

DSC_8902.JPG

 バター作りで熱くなった後は、別海町産の牛乳で作ったアイスクリームを味わってもらいました。とてもおいしいと大変好評でした。

 

●7月21日(水)

 3日目は、ホテルを出発して根室市に帰る日です。

 あっという間の3日間でしたが、町内の子ども達とも交流ができ、有意義なものとなったのではないでしょうか。

DSC_8918.JPG 宿泊先の郊楽苑前で記念撮影をしてお別れとなりました