ビザなし交流ファミリー受入事業を実施しました。

[ ]

 平成4年から始まったビザなし交流は、19年目を迎え、今年も6月18日(金)から21日(月)までの4日間、別海町で受入れを行いました。

 今年は17名の北方四島に在住しているロシア人(ファミリー)が別海町を訪問し、町民と交流を図りました。

 

 

●6月18日(金)

1日目は、別海町役場で歓迎式を行いました。

DSC_6529.JPG

副町長の歓迎の挨拶

 

DSC_6532.JPG

訪問団代表の挨拶

 

DSC_6548.JPG

訪問団の皆さん(17名)

 

 

●6月19日(土)

 2日目は、ホームビジット受入家庭の皆様とパークゴルフ・住民交流会を通して交流しました。

DSC_6581.JPG

DSC_6611.JPG

パークゴルフを楽しんだ後、皆で記念撮影

 

 

 昼食の後、子供たちはプールで水泳体験を行い、大人の方は役場会議室で住民交流会を行いました。

 住民交流会では、日本に古代から伝わる勾玉(まがたま)の製作体験を行い、その後、意見交換会を行いました。

DSC_2728.JPG

四角い石(滑石)を思い思いの形に削り出します。

 

DSC_2732.JPG

製作には1時間程かかりましたが、楽しそうに作っていました。

 

 

住民交流会の後は、別海消防署の視察を行いました。

 

DSC_6633.JPG

DSC_6630.JPG

DSC_6643.JPG

DSC_6649.JPG

別海消防署の次は寺院の視察をさせていただきました。

 

DSC_6654.JPG DSC_6688.JPG

寺院の説明の他に、腹話術でも楽しませていただきました。

 

 

●6月20日(日)

 3日目は、尾岱沼・野付半島方面の視察を行いました。

 最初は、別海北方展望塔の視察です。

 

DSC_6694.JPG

ビザなし交流や北方領土問題のビデオを興味深く見ています。

 

DSC_6695.JPG

テレビ望遠鏡で国後島や野付半島・野付湾を眺めています。

 

 

 その後、野付半島ネイチャーセンターに移動し、野付半島の自然をネイチャーガイドさんにガイドしていただきました。

 

DSC_6711.JPG

DSC_6746.JPG

 

 

 

DSC_2835.JPG

 

DSC_6757.JPG

 センダイハギやハマナス、ヒオウギアヤメ、クロユリ、エゾカンゾウなどが綺麗に咲き乱れる中をトドワラを目指して歩きました。

 

DSC_6772.JPG

DSC_6774.JPG

熱心に野付半島の自然について説明を聞く訪問団長

DSC_6766.JPG

 昼食は野付半島ネイチャーセンターの食堂で新・ご当地グルメ「別海ジャンボホタテバーガー&ジャンボ牛乳」を味わってもらいました。

 

DSC_6799.JPG

DSC_6788.JPG

ジャンボホタテバーガーを大きなお口でガブリ!!

 

 

 野付半島から別海市街に戻り市街地散策をした後、町内の5つの家庭へホームビジットを行いました。

 それぞれのご家庭皆さんが精一杯のおもてなしをしてくれました。

 

DSC00464.JPG DSC_6838.JPG DSC_6815.JPG DSC_6830.JPG

DSC_2880.JPG

 それぞれの家庭で工夫を凝らしたおもてなしをしていただき、お別れするのが本当に寂しいくらいに仲良くなることができました。

 

●6月21(月)

 4日目は、ホテルを出発して根室市に帰る日で、ホームビジット受入家庭の皆さん、ホテルの皆さん、町の担当者で見送りをしてお別れとなりました。DSC_6871.JPG