2009年2月のアーカイブ

平成21年2月24日に、別海町の別海中央小学校で、北海道根室支庁北方領土対策室による「四島(しま)教室」が開催されました。

 

四島教室は、根室管内の小学校1年生を対象にしたもので、「低年齢層の北方領土に関する理解を深め、返還要求運動の後継者の育成を図る」ことを目的に平成17年度から実施されています。

 

<授業の主な内容>

・北方領土についての学習(島の名まえ、位置、北方領土の問題など)

・絵本の読み聞かせ

・北方四島の地図や四島に生息する動物のぬり絵

 

北方領土についての学習では、「小学校1年生には少し難しいのかな~?」と思って見ていると、意外や意外!みんなとても興味津々で、先生の質問には「はいっ!!」と一斉に手が挙がりました!

shima-kyoushitsu1.JPG 

中には、先生の「この島の名まえ分かる人?」の問いに「くなしりとう!」「えとろふとう!」など、すでに島の名前まで知っている児童もいました!

これって結構すごいことですよね!!

 

北方領土隣接地域ということもあり、こういった次代を担う子ども達への教育はとても意味のあることだと感じました。

 

21年度は、新たに中学生を対象にした事業を実施するとのことで、別海町としても精一杯協力していきたいと思います。

shima-kyoushitsu2.JPG

みんな積極的に授業を受けていました!

 

shima-kyoushitsu3.JPG

                  絵本の読み聞かせ

shima-kyoushitsu4.JPG

北方四島に生息する動物の学習をした後、ぬり絵でも学びました。

 

ふゆとぴあ in BETSUKAI 2009」2月1日(日)

「第41回白鳥まつり」2月8日(日)

での、署名・啓発活動にご協力いただき誠にありがとうございました。

 

☆署名筆数☆

「ふゆとぴあ in BETSUKAI 2009」225筆

「第41回白鳥まつり」153筆

 

署名にご協力いただいた方々、誠にありがとうございました。

 

 

少しですが、各イベントの様子をご紹介します!

 

ふゆとぴあ in BETSUKAI2009

huyutopiasyomei(1).JPG

天気は良かったのですが、風がとても強く寒い中での署名活動となりました。 

    huyutopiasyomei(2).JPGキャラクターも応援に駆けつけてくれました。

でも、たすきが逆さま...(^_^;

 

suberidai.JPG

子供たちに大人気だった巨大滑り台

 

yukigassen.JPG

白熱した雪合戦!!

 

第41回白鳥まつり

 

hakutyousyomei(1).JPG

初めは雪が降っていたため、テントの中での署名活動

 

 

hakutyousyomei(2).JPG

雪が止んだので、場所を外に移して署名活動を行いました。

 

 

hakutyounomizuumi.JPG

氷の上に裸足で立ち(片足)どれだけ長い時間耐えられるか!?

白鳥の湖ゲーム!!

 

 

tairyoubiki.JPG

地元特産品が当たる大漁びきゲーム!!

お目当ての特産品は獲得できたでしょうか(^o^)

 

 

最後に、一緒に署名活動を行っていただいた千島連盟別海町支部の皆さん、根室支庁北方領土対策室の皆さん、寒い中お疲れ様でした。ありがとうございました。

 

jyuumintaikai2009(1).JPG2月7日(日)「北方領土の日」に、根室市総合文化会館において、「北方領土の日」根室管内住民大会が開催されました。

 

住民大会では、元島民やその子孫、返還要求運動関係者など約1,000人が参加し、「四島を返せ」とシュプレヒコールで訴えました。

 

jyuumintaikai2009(2).JPG 

続いて、根室管内1市4町の次代を担う中学生が北方領土問題について日頃考えていることを題材に弁論発表を行いました。

各市町から2名の代表者が出場し、10名が北方領土問題に対しての思いを披露しました。

 

別海町からは、上風連中学校3年畑中真治(はたなかしんじ)くん西春別中学校1年瀬谷基浩(せやもとひろ)くんの2名が出場しました。

 

jyuumintaikai2009(3).JPG

畑中真治くん(上風連中学校3年)

 

jyuumintaikai2009(4).JPG

瀬谷基浩くん(西春別中学校1年)

畑中くんは、

「日本の外交は、アメリカなどの大国にすがって積極的な外交が出来ていない。相手の出方ばかりに対応し、踊らされているようでは自国の主張が通る有利な外交は望めない。」と批判し、「日本とロシアの利害関係から解決策を見い出し、経済協力関係を結んだらどうでしょうか?」

 

瀬谷くんは、

歴史的事実から北方四島は日本固有の領土であることを主張した上で、「戦後60年以上が経ち、現在北方四島に住んでいるロシア人にとってもふるさととなっている。四島は返して欲しいが、お互いが歩み寄り、四島に住む人、住んでいた人が将来に渡って幸福になれる場所になって欲しい。」

と、とても力強くはっきりと自分の考えを主張していました。

 

☆弁論大会の結果は以下のとおりです☆

 

内閣府北方対策本部長賞

 柏陵中学校(根室市)3年 阿部(あべ) 碩一(こういち)『返還されなければならない』

 

北海道知事賞

 柏陵中学校(根室市)3年 石井(いしい) 紅実(もなみ)『関心を持って』

 

北方領土隣接地域振興対策根室管内市町連絡協議会長賞

 広陵中学校(中標津町)2年 矢部(やべ) (つぐみ)『未来を創る』

 

佳良賞

 上風連中学校(別海町)3年 畑中(はたなか) 真治(しんじ)『北方領土』

 羅臼中学校(羅臼町) 2年 小野(おの) 丞一郎(じょういちろう)『色丹島で得たもの』

 西春別中学校(別海町)1年 瀬谷(せや) 基浩(もとひろ)『北方領土問題について感じたこと』

 武佐中学校(中標津町)2年 清原(きよはら) 優威(ゆうい)『北方領土について思うこと』

 春松中学校(羅臼町) 3年 三好(みよし) 玲奈(れな)『目と目による会話から』

 薫別中学校(標津町) 2年 工藤(くどう) (ゆう)『北方領土について』

 薫別中学校(標津町) 1年 杉山(すぎやま) 透来(とおき)『私の好きな島、色丹島』