千島連盟通信

北方領土活動情報

ビザなし交流について

Home > 北方四島との交流

ビザなし交流とは?

平成4年(1992年)から始まった、日本国民と北方四島(択捉島・国後島・色丹島・歯舞群島)に住むロシア人住民との相互訪問による交流のことです。

この交流は、旅券(パスポート)、査証(ビザ)なしで、外務大臣の発行する身分証明書などにより渡航が認められていることから、「ビザなし交流」と呼ばれています。

日本とロシアの間で未だ解決されていない北方領土問題が解決するまでの間、日本国民が北方四島を訪れ(訪問事業)、北方四島のロシア人住民が日本を訪問する(受入事業)ことにより、相互理解と友好を深めることを目的としています。

どのような人が北方四島を訪問できるのか?【訪問事業】

現在次の者が日本政府により訪問を認められています。

①北方四島に居住していた者等

②北方領土返還要求運動関係者

③報道関係者

④訪問の目的に資する活動を行う各分野の専門家

訪問時には、相互理解と友好を深めるため、ロシア人住民との意見交換やホームステイ・ビジットなどのプログラムが行われています。

なお、日本政府は、北方領土は日本固有の領土であるとの立場から、日本国民に対してロシア政府の査証(ビザ)を取って北方四島へ渡航しないよう要請しています。

北方四島在住ロシア人はどこを訪れていますか?【受入事業】

北方領土の隣にあたる根室地域を中心に、全道及び全国各地を訪問しています。

北海道内への受入は「北方四島交流北海道推進委員会」が行い、道外への受入は「独立行政法人北方領土問題対策協会」という団体が行っています。

各受入地域では、ロシア人住民に日本の家庭生活を体験してもらうホームステイ・ビジットや、文化・スポーツ分野での交流、地元市町村が主催する交流会など、さまざまな交流が行われ、また、北方四島の元島民や返還運動関係者との意見交換、北方四島の歴史学習なども行われています。

専門家交流の分野としては、教育関係者、農業関係者、医療職関係者の交流が実施されてきており、また、北方四島在住ロシア人を対象にした日本語習得研修も行われています。

ビザなし交流の成果

ビザなし交流が始まるまで、北方四島のロシア人住民は日本が主張している北方領土問題について知らなかったり、日本や日本人に対して間違った印象を持っていることが少なくありませんでした。

しかし、ビザなし交流が始まって両者の直接対話が実現し、また、彼らが日本の文化、家庭に直に接したことで、ロシア人住民の誤解はなくなり、北方領土問題についても日本の主張が知らされてきています。

さらに、日本側からも北方領土が返還されたら彼らと住んでもよいという声が上がるなど、友好的な雰囲気の中で交流が積み重ねられています。