千島連盟通信

北方領土活動情報

千島連盟別海町支部 会員の声5

Home > 千島連盟とは

無題

・・・白崎 賢哉

* 北方領土返還運動に携わると様々な人(意見)に接することができる。

その50%以上の人は理解を示してくれる。

理解を示してくれない人の言い分は3つに分類できる。

1 北方領土が日本に返還されたら島の自然環境は破壊され、水産資源も取り尽く してしまうから返還されない方がいい。

2 返還されても自分には利益がないから返還されなくてもよい。

3 ロシアは絶対に北方領土を返還しない。だから返還運動は無駄、諦めた方がい い。

これらについて私の意見を述べます。

1について ロシアは日本と比べて自然環境・水産資源に配慮しているかというとニェット(No.の意)。工場排水、生活雑排水は処理されずに海・河川に流されているし、道路の切土面、盛土面は剥き出しの為、雨が降ると泥水が河川に流入しています。人口が少ないのと、開発がそれほど進んでいないためか甚大な被害には至ってないようですが、今も何の対策もとられていません。水産資源に関する正確な情報はありませんが、資源保護・管理が行われていないため、乱獲による枯渇が危惧されています。

2・3について

日本は現在3つの領土問題を抱えています。1つ目はもちろん日本とロシア間の北方領土問題。2つ目は日本と韓国間の竹島(韓国名は独島)問題。3つ目は日本・中国・ベトナム間の尖閣諸島問題です。これらの領土問題の一つでも正当な理由がなく放棄してしまうと残りの領土問題も放棄しなければなりません。また、世界にはたくさんの領土問題がありますが、それを理由なく放棄した国はありません。もし放棄した場合、世界の国々から蔑まれるのはもちろん、また新たな領土を奪われかねません。